今日から始める快眠術
ただ寝るだけ

ただ寝るだけ

ただ寝ているだけでは、もったいない!
インナービューティーを作る「寝ている間美人ホルモン」の分泌を活性化させて今日よりキレイな自分で目覚めましょう。

成長ホルモンの分泌を促しキレイを作る深い眠りの3つのポイント

あなたは、ただ寝ているだけになっていませんか?

日中の美しさは、実は、睡眠時間とその前後の時間に作られています。

寝ている時間を充実させる眠活で、寝ている間にキレイを作りましょう。

鍵を握るのは、細胞を修復し、疲労回復や代謝を上げる働きのある成長ホルモンです。

成長ホルモンは、熟睡状態時に大量に分泌されるので、いかに早く深い眠りに落ち、その状態を長くキープできるか、それが鍵となります。

忙しい女性は、寝る前15分でも良いので、「睡眠前準備」を心がけましょう。

環境・食事・行動の面からアプローチして、朝までキレイを作る眠りを目指しましょう。

1.ONタイムの美しさは眠活で作らえる

ONの時間を元気に美しく過ごすには、OFFの時間の活用が眠活の鍵になります。

睡眠前 1時間

睡眠中 7.5時間

起床後 30分

= 9時間

OFFタイムを変えるのが理想です。

でも、15分の睡眠前準備でOFFタイムは変えれます。

睡眠前後の1.5時間が取れなければ、睡眠前15分で眠りは変えれます。

2.寝ている間美人ホルモン(=成長ホルモン)は、インナービューティに直結する

寝ている間に成長ホルモンが分泌されると、美容・健康にいい効果があります。

◯疲労回復
◯美肌・美髪
◯免疫活性
◯細胞修復
◯新陳代謝の活性

寝ている間美人ホルモン(=成長ホルモン)が作用!

細胞を修復して、カラダの機能を整え、代謝をコントロールしてくれます。

3.本当のシンデレラタイムはホルモン分泌によって決まる

シンデレラタイムは、22〜2時って言われているけど、間違い?

22〜2時の間に成長ホルモンが多く分泌されているというのは、間違いです。
眠りの深さにも関係し、だいたい眠り始めの3時間に集中すると言われています。

シンデレラタイムは、眠りの深さと関係

シンデレラタイム

カラダだけでなく、脳も休息する「ノンレム睡眠」のさらに眠りの深い段階、第3・4段階は熟睡状態で、成長ホルモンが大量に部pにされる時間です。

寝ている間の美人ホルモン分泌の鍵を握る3つのトライアングル

環境・食事・行動

この3つです。

成長ホルモン分泌を促す深い眠りには、この3つが重要な要素となります。

1.食事:深い眠りを導き、夜に摂るとより効果的なものにフォーカスする

リラックス効果や美肌、アンチエイジング効果があるものをチェックしましょう。

◯夜にとりたい栄養素

夜摂ると美肌やアンチエイジングに効く栄養素をご紹介します。

・リコピン
抗酸化・美肌効果がり、夜摂ると日中に受けた紫外線ダメージがなかったことに。

・GABA
ドーパミンなど興奮が高まる物質が脳内に伝わらないようにしてくれます。

・ラクチュコピクリン
自律神経のバランスを整え、神経系を沈静化、眠りを促進します。

・ナットウキナーゼ
夕食後8〜12時間作用して、睡眠中血液粘度を調整してくれます。

・ビタミンC
コラーゲンの生成に関わるだけでなく、抗ストレスホルモンとしてストレス緩和につなげます。

◯夕食にはこの食材を選びましょう

夜に摂ると効果的な栄養を多く含む食材をピックアップしています。

・魚
快眠をサポートするメラトニンの原料となるトリプトファンを含みます。
美肌効果も。

・納豆
ナットウキナーゼだけでなく、美容効果のあるビタミンB群も豊富です。

・トマト
美肌に効くリコピンやGABA、ビタミンCを含み、夜に摂ると効果的です。

・レタス
自律神経を整えるラクチュコピクリンが含まれ、深い眠りを誘う効果があります

・パセリ
栄養価が高く、アピオールという成分の強い香りが精神を安定させます。

・セロリ
精油成分に、副交感神経を優位にしてリラックス効果を高める働きがあります。

2.環境:究極のプライベート空間、寝室作りを楽しむ

気をはらず、居心地よくリラックスできる空間を作るのがポイントでうs.
自然と成長ホルモン分泌につながる深い眠りへと誘われます。

1.光
光は睡眠の質に大きく影響します。
夜は、やや暗めで暖色系の間接照明だけでリラックス効果を期待します。

2.香り
香りは快眠効果が期待できるものもありますが、自分が好きでリラックスできるものを選ぶのが一番です。

3.枕
枕を使用せずに寝ると、顔のむくみにもつながるので注意しましょう。
形状は、頭ではなく、首を支えるものが良いでしょう。

4.マットレス
カラダを支え耐圧を分散してくれるものがベストです。
枕との関係もありますが、同じメーカーで選ぶのがオススメです。

5.パジャマ
Tシャツ、ジャージ、ルームウェアはNGです。

夏でも吸汗性や冷房対策を考え、長袖長ズボンにしましょう。

3.行動:刺激になるものを避け、心が落ち着くことを

夜間の行動はすべて眠りの質に関わります。

寝る前15分でも「リラックスタイム」と決めて、ON/OFFを切り替えましょう。

・会社帰りのコンビニはNG

深い眠りには、寝る1時間前から目に強い光を入れないことが重要です。

・激しい運動は21時までにやる

体温が差あると眠くなるので、体温を上げる激しい運動は早めに

・ストレッチやヨガでリラックス

1日使ったカラダの緊張状態をほぐし、休ませる準備をしましょう。

グリナ口コミ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。