良く聞くレム睡眠・ノンレム睡眠!それって一体何なの??

睡眠について調べてみると必ずと言っていいほど出てくるレム睡眠・ノンレム睡眠という言葉。

 

名前は聞いたことがあるけど意味はあまりよく知らないという人も多いのではないのでしょうか?

 

今更聞けないレム睡眠・ノンレム睡眠についてお教えします。

 

簡単に言うとレム睡眠は、脳は起きているけど身体は眠っている状態の睡眠、そしてノンレム睡眠は脳も身体も深く眠っている状態の睡眠を指します。一般的に夢を良く見るのはレム睡眠の時が多いといわれています。また、トイレに起きる時や物音で目が覚める時もレム睡眠時だそうです。

 

一方ノンレム睡眠の時は、ストレスを消去したり、ホルモンを多く分泌するといわれており、美肌や健康な髪を作るためには質の良いノンレム睡眠をとることが重要だそうです。

 

では質の良いノンレム睡眠をとるためには一体何が必要なのでしょうか?それには就寝前の行動がとても重要だといわれています。
まずは寝る前にテレビや携帯電話などを使用することをやめてみましょう。テレビや携帯電話の画面に使われているブルーライトが脳に刺激を与え、脳が冴えてしまうそうです。

 

次に入浴や就寝する1?2時間前に済ますようにしましょう。就寝前に入浴することで交感神経が刺激され、興奮状態になってしまい寝つきが悪くなるといわれています。

 

就寝前の1時間をストレッチや読書をするなどをしてリラックスしてすごすことで、気持ちよく眠りにつきやすいといわれています。

 

とはいっても、なかなかこれらをすべて守ることは難しい時もあると思います。私はグリナというサプリを友人からすすめられて飲んでいますが、サプリの力を借りるのも方法の一つかもしれません。自分にあった方法で質の良いノンレム睡眠をとることをぜひ心がけていただければと思います。

 

「グリナ」の効果、口コミはこちら


バナー原稿imp